大人はかからない?

絶対にRSウイルスに感染しない方法!?
大人はかからない?コレをすれば安心です。

大人であればそれほど危険はない

風邪とよく似た症状のRSウイルスをご存知ですか?
おそらく誰もが一度はかかっている感染症です。

 

 

十月から三月にかけての間に流行するRSウイルスですが、大人にはほとんど危険はありません。

 

大人の注意すべきポイント → これだけは知っておきたい!

 

感染しても所謂「鼻かぜ」程度で済むのです。
3〜5日の潜伏期間を過ぎると、鼻水や鼻づまり、咳などの症状が表れます。
大人の場合であればこれらの症状だけで済んでしまいます。感染してもだいたい一週間程で治ります。

 

RSウイルスは感染力の強いウイルスです。
そのため少なくても2歳までには誰もが感染し、その後も感染を繰り返していきます。
そして感染を繰り返すことにより、抵抗力がついてくるのです。

 

RSウイルスは大人が罹っても、そこまで心配の要らない病気です。
しかし、抵抗力のない乳児が罹った場合は細心の注意が必要になってくるのです。
RSウイルスは気管支や肺などに取り付き、炎症を起こさせます。
ひどいときには気管支炎や肺炎、時には無呼吸症を引き起こすのです。

 

熱が下がらない。ミルクを飲まない。呼吸をする度にゼーゼーという呼吸音がする。
このような時にはすぐに病院に連れて行った方がよいでしょう。
乳児喘息の原因のひとつとも言われています。

 

RSウイルスに感染しているかどうかは病院での検査で分かります。
鼻の粘膜や鼻汁を採取し、ウイルスがいるかどうかを調べる、数分程度の短い検査です。

 

非常に簡単ですので、小さなお子さんに感染が疑われる場合は病院での早めの受診をお勧めします。



2011年、RSウイルスが流行しています。大人になれば免疫が出来るためほとんど危険性はありませんが、心配な方は検査をする事もできます。rsウイルス感染症と診断されたら、薬などで治療は出来るのでしょうか?また乳児のために予防接種やワクチンはあるのでしょうか?RSウイルスの症状は風邪に似ているので見分けが付きません。RSウイルス迅速検査キットで診断することが出来ます。